経験不足を補うために

ハンドメイド好きのさゆりRoom > ニュース > 経験不足を補うために

経験不足を補うために

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:ニュース

FX取引の経験がない方が相場の肝心なところを理解するには最初に実戦を繰り返すことが大事です。

 

特に、事前に危機を回避できるようになるためにはへまを積み重ねることも経験のひとつです。

 

当然、マイナスになるといってもやり直しが効かないほど致命的な間違いをする事は出来ません。

 

ちょっとした損を何度か積み重ねることが最後に自分の経験を増やしてくれる。

 

この考えでは初めは少ない額で投資してここで何度か小さな負けを経験することをおすすめします。

 

ひとつの例として、100万円だけしか投資する事が出来ない場面で、よく考えずに全て賭けて売り買いすると、失敗した時金輪際立ち上がれなくなってしまう可能性があります。

 

そのため、ひとつの例として資金の10%ずつ売買してそれで買ったり負けたりを重ねた方が、段々とミスをカバーする術なども身についていくはずです。

 

まず最初に少ない額でトレードする事の利点は先ほど書いたように、経験値を高め負けを回避する術を習得していく事にありますがそれと合わせて、トレードの回数を重ねる事でリスクを減らせるという利点もあります。

 

仮に、1度限りの注文で儲けられる確率が50%だと考えます。

 

この条件では、同じ確率で損する危険性もあるということになります。

 

勝率50%ということは五分五分の比率で勝てることを現しています。

 

ところが、全ての投資資金をつぎ込んで1回のみの仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

 

このままではただのギャンブルと同じです。

 

これは、全ての資金を賭けて1回しか勝負しないと、それだけでは損失が生じる確率が高まります。

 

そのため、お金を1度にすべてつぎ込むのではなく何回もに分けて、回数を増やす事がリスクコントロールとなります。

 

ただいくつかに分けたとしてもすべてに勝つ事は大切ではありません。

 

と言うよりは、勝利する事が出来ないのが本当のところです。

 

取引で肝心なのは、勝ち負けの回数ではなく、どのように稼ぐかです。

 

勝半5割でもたとえそれ以下でも儲かる時は儲かる。

 

それ以上負けてもその収益がわずかであれば、3割の勝利の儲けだけで十分に利益を上げられます。

http://my753.net/

そのために重要な事は、損失を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損益が出たら直ちに損切り注文して逆に勝てる時にはなるべく大きく稼ぐ事が、FX投資初めての方が外国為替証拠金取引で成功する神髄です。